思春期ニキビを治す方法『毎日のOOが大切?』│10代の悩み

ダイエット・美容のあれこれ

どうも、こんにちは

 

今回は思春期ニキビを治す方法を書いていきます。思春期にニキビができるのは当然です。どうしても出来てしまいますよね。そんなニキビが出来るわけと治し方について学んでいきましょう。

 

大事なことは2つです。

✔洗顔

✔スキンケア

です。

 

それでは見ていきましょう。

ニキビとは

ニキビとは、おでこや頬、口の周り、あごなどにできる発疹を示します。主に思春期の頃によく見られます。この発疹は毛穴に皮脂がたまり、出口が炎症を起こして小さく隆起したもので、すぐに治る軽いものや、ニキビ痕として残る重症なものもあります。

ニキビが出来るわけ

 

ニキビの原因は主に3つあります。

✔毛穴の閉塞

✔皮脂の過剰な分泌

✔ニキビの元となる菌の繁殖

です。

 

そもそも肌およそ2週間から1か月にかけて新しい皮膚細胞に生まれ変わり、古い皮膚細胞は角質となり剥がれ落ちるサイクルがあります。また、油肌、食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足、ホルモンの異常分泌によってさらに悪影響が及び、ニキビが重症になることがあります。

毎日の生活習慣を正すことが大切

治すにはどうしたらいいのかというと結論生活習慣を正すことが非常に大切です。

睡眠・食生活なども大切です。また、そこに洗顔+スキンケアもしましょう。やはり思春期は成長しやすい時期ですので細胞も活発です。なので、その分皮脂も過剰に分泌されたりするのです。

洗顔で、優しく洗う

余分な皮脂や肌についた汚れを落とすためにも、洗顔は必要です。まずは温かくした濡れたタオルで毛穴を開きましょう。そうすることによってきれいに毛穴の汚れを落とすことができます。皮脂の分泌量が異常なので1日に朝晩2回洗顔しましょう。ゴシゴシと洗うのではなく、たっぷりの泡で優しく包んであげるようにして洗いましょう。

スキンケアで保湿

肌にも栄養や水分は必要です。また、その肌の水分が蒸発しないためにも蓋をする必要があります。なので、スキンケアも洗顔と一緒という考使用しましょう。

食生活を正す

毎日の食事で私たちの体は作られています。なので肌もそうです。特に油物は控えましょう。また、間食や暴飲暴食、欠食はできるだけ控え、1日3食の食事でさまざまな栄養を取り入れましょう。

 

肌の材料となるタンパク質、肌の新陳代謝を促すビタミンが必要です。タンパク質は卵や肉、魚、大豆、乳製品などで手に入ります。ビタミンは、マグロやカツオ、納豆などに含まれています。

睡眠をきちんととる

肌は嗣明忠に活発に細胞分裂が行われます。ニキビもそうですが荒れた肌を生まれ買わせるためにも十分な睡眠が欠かせません。最初の眠りから3時間後に成長ホルモンが十分に分泌されて肌の再生活動が活発になります。

おすすめ洗顔・スキンケア商品


ロゼット 無添加石けん 洗顔フォーム 140g×2個パック AZ


[Amazon限定ブランド] SKIN AUTHORITY ハトムギ化粧水 1000ml


ナチュリエ スキンコンディショニングジェル 180g

 

まとめ

ということで今回は思春期の悩みであるニキビの出来る理由と治し方を話しました。みなさんもニキビに悩んでいると思います。私も悩みました。まずはきちんと食生活を正すことが大事です。そして洗顔とスキンケアも大切になります。特に洗顔とスキンケアは皮脂の分泌量が多いのでできる限り朝晩の1日二回するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました