どうも、こんにちは

 

今回はスターバックスの強みと弱みをそれぞれ分析してみました。スターバックスは有名ですよね。都市部では必ずあるカフェだと思います。そんなスターバックスの強みと弱みをさっそくみていきましょう。

スターバックスの3つの強み

店舗数が多い

 

全世界に展開しているだけあって、さすがに店舗数は多いですよね。私が住んでいる地域でも近くに2店舗あります。さすがスタバですね(笑)

 

店舗数が多い分、その分気軽に行きやすいメリットがあります。誰もが知っていて、迷ったらスタバみたいなところもありますよね。東京都にはおよそ330店舗以上あるそうです。ちなみに私が住んでいる愛知県は100店舗以上。

 

 

すごすぎる、、、、、

 

 

絶対的なブランド力

 

スタバと言えばみたいなところがありますよね。ちなみにみなさんはスタバは広告を使っていないことを知っているでしょうか?私もスタバがCMをしているところは見たことがありません。

 

 

広告を打たなくてもいいくらいのブランド力があるのがスタバ。。。。

圧倒的なブランド力ですね。

 

 

スタバのデザインも私はスタイリッシュでかっこいいと思います。

設備投資がすごい

 

設備投資がほんとにすごいですよね。

 

おしゃれな空間で、WI-FI、コンセントも完備。。

私もスタバはWI-FIがあるという絶対的な強者の強みがあるので行っています。

 

WI-FIがあるのはほんとにPCで作業したい人にはメリットです。

スターバックスの3つの弱み

年配層の認知度が低い

 

年配の方がスタバに行っているのをあまり見かけたことはないですよね。

どちらかというと田舎の喫茶店に行っているという人も多いでしょう。やはり都市部になるとなかなか行く機会がないというのもあると思います。

 

しかし、逆に年配層の認知度は低いですが、その分、社会人や学生にとっては認知度は大きいでしょう。よくJKが学校の帰りにスタバによってお話をしているをよく見かけます。

商品単価が高い

 

商品単価が高いのがデメリットというのもあるでしょう。スタバのブランド力が徹底的に高いので高くなっている理由もあるでしょう。

 

その分、スタバは利益率は高いと思います。

競合他社が多い

 

競合他社が多いのもデメリットになります。スターバックス以外にもドトールやタリーズなど他にも大手の競合他社があります。

 

そこはスタバのブランド力を差別化していることもあるでしょう。

まとめ

ということで今回はスターバックスの強みと弱みをそれぞれ3つずつ紹介しました。スタバのブランド力はさすがと言っていいほどの強みだと私は思います。個人でカフェを開きたい人はスタバのようにやるべきことだと思います。絶対的なブランド力こそが売り上げにつながるでしょう。他にもいろいろと研究していきたいと思います。それでは読んでいただきありがとうございました。

他にも読んでほしいオススメ記事

カフェ運営に必要なブランディング

 

カフェ経営でファンを作るために必要なこと(回答)ファン同士を繋げる

【カフェ集客】Instagram編│SNSを使って来店してもらうきっかけを作ろう

カフェ経営ですべきブランド戦略│開業から考える8つの術

カフェ経営で売り上げを上げるためにすべき2つのブランディング

【カフェブランディング戦略】実店舗は何を売りにするのかで決まる

【副業】1人カフェ起業でするべき3つのこと

 

カフェ経営

 

カフェ経営での失敗談を7つ解説│結論)経営の仕方を学ぼう

カフェ経営で客数×客単価は意味がない?解説してみた

カフェ経営から学ぶ3つの時間の浪費│無駄はなくそう

カフェ開業が夢であればやるべき5つのステップ

【カフェ大繁盛】通販番組から学ぶ導線設計│経営・集客戦略

【週末カフェ起業】メリットとデメリットをそれぞれ3つずつ解説します

 

カフェ運営に必要な集客

 

カフェブログ集客をするときに注意する5つのポイントまとめ

【カフェ集客】集客できるホームページの5つのポイントを紹介するよ

カフェブログでWordPressを使うときにおすすめ無料テーマ紹介