Amazon"呪術廻戦16巻"予約購入はこちら

【仮想通貨の次に来る】STO(セキュリティトークン)とは?分かりやすく解説

家計・お金のコト

STOとは

STOはSecurity Token Offeringの略のことを言います。

STOは仮想通貨で発生した様々な問題を解決する1つのアプローチとして、暗号資産で培った技術的なノウハウであるブロックチェーンなどを活用しつつ、法律の観点などから有価証券規制の枠組みが採用されており、技術的な先進性と法律による投資家保護があります。

STOが今投資家の中で噂されている理由は簡潔に言うと国に認められたトークンを投資できるからです。そもそも仮想通貨って?認められてないのかよと思うかもしれませんが、多くの国は禁止はしていませんが公には認めていません。それが国に認められるものがSTOとなります。

ICOとIPOと似ている理由は?違いも解説

ICOとは仮想通貨でのトークンとして上場を意味し、IPOは新規公開株を示します。暗号通貨の上場コインオファリング(ICO)と株式のより伝統的な初期公募(IPO)の間の中間とも言われています。

ICOとSTOの違いは?

ICOとSTOの違いは法律で認められているかどうかです。

STOの場合は、日本の法律で証券として認められているトークンとして扱われますが、ICOの場合は法律で承認されていません。なので、ICOの方がIPOの方が簡単だと言われている理由はここにあります。

IPOとSTOの違いは?

STOはブロックチェーンでトークンを発行しますが、新規株式公開(IPO)は、認定投資家に従来の市場で株券を発行します。これにより、STOはプロジェクトの開発者のために資金を調達します。

IPOは決済時の仲介手数料と投資銀行手数料が高いことが多いため費用対効果が高いと考えられています。しかし、STOの場合はブロックチェーンによって投資市場に直結して提供するため、投資銀行や証券会社に法外な手数料を提供する必要性が軽減されます。つまり手数料が安く抑えられることでもあります。仮想通貨のいいところを取ったと考えてもらえれば大丈夫です。

まとめ

今回は、仮想通貨の次に来るであろうSTOについて解説しました。STOの状況に応じてBitocoinなどの仮想通貨は一時的に暴落すする可能性もあるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました