一人暮らし大学生の1カ月の食費はいくら?月1万5千円に抑えるコツも紹介

大学生のあれこれ

<本記事で分かること>

✔一人暮らし大学生の食費

✔食費を節約する方法

大学生の月の食費の平均は?

 

大学生の月の食費の平均価格は以下のようになります。

毎日(約30日)家で食べる 22000円
月に20日ほど自炊する 30000円
月に10日ほど自炊する 42000円
まったく自炊しない 48000円

 

全く自炊しないと高い。。。。ですよね。

自炊したとしても、月に平均として2万2千円になります。

 

そこで、平均よりも下回る食費月1万5千円で生活するためにやってほしいことをまとめてみました。

一人暮らし大学生が食費1万5千円で乗り切るためにしたこと

予算を決める

 

今回の場合は、食費は月に1万円5千円以内にするということです。

なので、絶対にとまではいいませんが、1万5千円を超えないように毎日の食費にいくらかけるのかを計算します。

 

単純計算で月はおよそ30日なので、平均で1日500円ほどの食費で抑えれば、1万5千円ほどの食費になります。

スーパーで買いすぎないこと・必要最低限だけ

 

スーパーではできる限り、食材を買いすぎないようにしましょう。特に夏はすぐに食材が傷んでしまうので、日持ちしません。

 

ついついスーパーに行くと必要ではないものに目が行ってしまいがちですが、できる限り事前に買うものを決めて、スーパーに行くのがいいと思います。

特に夕方ごろは割引されやすいのでおすすめです。

できる限り麺類で食費を抑える

 

これは、1人暮らしをしている大学生にとっては、あるあるなことだと思います。

だいたいうどんなどの麺類は1人前で10円ほどです。

 

コスパ最強すぎる(笑)

おいしいし安いので1人暮らし大学生にはおすすめです。

コンビニや自動販売機では買わない

 

コンビニや自動販売機ではできる限りものを買わないようにしましょう。

スーパーに行って買うよりも、何割り増しかされているのが現実です。

 

その分、手軽に購入できるのがメリットでもありますが、お金がない大学生にとってはあまりおすすめはできません。

レシピ本を購入してみる

 

料理の幅を広げるためにも、料理レシピの本を購入しました。

おすすめはYoutubeやブログでも活躍をされているリュウジさんのレシピ本です。

 

参考になるので、よかったらまずはYoutubeで見てみるのもいいかも!

 【料理レシピ本大賞2020】ひと口で人間をダメにするウマさ! リュウジ式 悪魔のレシピ(ライツ社)

 

一人暮らし大学生が食費以外で生活費を見直したこと

すぐに削れたもの

  • スポーツジムの会費
  • サブスクの動画配信

少し時間がかかるが大きく削減できるもの

  • スマホの通信料

スマホの通信料は結構バカにならないです。中には月に1万円以上をはらうこともあります。しかし、格安SIMにすればおおよそ月に1000円から3000円ほどしかかかりません。

まとめ

今回は、一人暮らし大学生の1カ月の食費について話しました。おおよそ月に2万2千円ほどが平均でしたね。やっぱり大学生はお金があまりないので、いろいろと思考錯誤をしてみるのがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました