どうも、こんにちは。

 

今回は大学生の勉強時間はいったいどれだけなのか?ということを調べました。

 

結論から言うと、、、、

日本の大学生は9.7%が0時間、57.1%が1~5時間、18.4%が6~10時間、14.8%が11時間以上勉強しています。一方、アメリカの大学生は0.3%が0時間、15.3%が1~5時間、26.0%が6~10時間、58.7%が11時間以上勉強しています。

 

勉強する人は日本人の場合は意外にも、少ないことが判明しました。どちらかといとアメリカの方がいっぱい勉強してますね。日本の場合は大学受験がもっとも勉強するといいますしね。逆にアメリカの方は入学するのは簡単だけど、卒業するのが大変とも聞きます。そこが違うポイントかもしれません。

 

ということで今回は、大学生が高校のときに大学に受験しようという目標を持っていると思いますが、大学からは何も目標がないと思うのでどういう勉強をすればいいのかを書いていきます。それではいきましょう。

高校までは努力の型を覚えるのが勉強

高校までも努力の型が覚えるのが一番大事だと思います。努力の型とは????

 

 

と思う方もいるともいますが、努力の型とは正しい勉強の仕方です。そして定着率のいい暗記方法や効率のいい勉強をするのがいいと思います。

 

例えば、勉強する時間は朝か夜かと言われたらよく言われるのは朝ですよね。このようにいかに効率よく勉強をして定着をするのかが受験勉強で行きたいところに行く方法でしょう。

大学生がすべき勉強は人生の質をよくする勉強

私が思うには大学生がすべき勉強は、高校で行った座学で100点を目指すような勉強ではなく、どちらかというと、人生の質を上げるための勉強だと私は思います。

 

あれ、、、?人生の質とは????となるかもしれませんが、ここは定義がしにくいです。あなたにとって楽しいことは何でしょうか?楽しいことでもいいですし、あなたがあっという間に時間が経っているようなことでもいいと思います。

 

とにかく自分が楽しいと思えるよな人生を送るために必要な勉強が大事です。なので重きを置くのはどちらかというと、座学ではないと思います。例えば旅行に行くのも自分の価値観を広くなるための1つの方法だと思います。他にも趣味に没頭することも素晴らしいと思います。親からには勉強とは言われなそうなことが、大学生や社会人からは勉強になるのです。なのでいっぱい勉強しましょう(笑)

私のおすすめの大学生の勉強

お金の勉強

 

 

 

 

お金の勉強をしましょう。お金の勉強は一見学びになるの?楽しいの?と思う人もいるでしょう。楽しくはないかもしれません。しかし、自分の根底の土台となり、お金の知識はどこでも役に立ちます。中にはすぐ稼げるという案件もありますが、お金の知識があればそういうことに騙されることはありません。なので私的にお金の勉強はしてみるのがいいとも思います。

旅に出る

 

 

 

 

 

旅に出てみましょう。旅に出ることによって自分の今までに知らなかった景色が見えてきます。自分の固定概念はなかなか崩し、広げることはできません。なのでまずやるべきことはあなたは、旅をして今の自分を捨てることかもしれません。やってみないと分からないし、行ってみないと分からないこともあります。なので一度行ってみることをおすすめします。

いろんな社会人と関わってみる

 

 

 

 

いろんな人と関わってみるいいでしょう。あなたの知らないことは本を読めばわかるかもしれません。しかし、それ以上あなたがすべきことは他人から失敗談を聞くことかもしれません。とても学びになりますし、生きた教科書でもあり、あなたがやるべきこともより明確になるかもしれません。

おすすめのアウトプットツール

何か体験したことはできるのであれば、残しておいた方がとてもいいですよね。なのでできる限り何かネットやオフラインでもいいですが残せるようにしておきましょう、

おすすめはブログです。ブログは有料のもありますが、記録として残しておくのであれば、無料でもいいと思います。まずはやってみましょう。自分の記事を見られた良ければ長く書いた方がいいですが、自分の頭の中を整理することが一番だと思いますので、短くても全然いいと思います。

まとめ

ということで今回は大学生の勉強時間はどのくらいなのかを調べてそれをもとにどういう勉強をしたらいいのかをまとめてみました。自分の知らない世界はいい意味でも悪い意味でもいっぱいあります。なのでまずはやってみることがいいでしょう。やってみてダメならばそれでいいのです。味見をしていると思い、いろんなところに行きましょう。