【東京喰種】ノロの正体や能力・素顔は?プロフィールまとめ

BLOG

【東京喰種】ノロ

アオギリの幹部。SS〜レート。尾赫の赫者。

長身の男性喰種で、黒のロングコートに鼻と巨大な口のみ描かれたマスクを着用している。隻眼の王の側近であり、他の幹部とは一線を画す。終始無言で行動している。捜査官に手出ししないこともあれば獰猛に襲いかかることもある特殊な個体。エトの赫子をその身に取り込んでおり、その結果一般的な喰種を遥かに逸脱した再生能力を有し、胴体を吹き飛ばされても傷口から発生させた赫子で繋ぎ合わせて即座に修復できる。赫者としての力を発揮した状態では、赫子にヤツメウナギのような口を形成しており、戦闘時には大口を開けた巨大な赫子で対象を直接丸齧りにする。常に時計を持ち歩いており、タイマーが鳴ると戦闘を中断していずこかへ姿を消す。

その正体は24区出身の喰種・ノロイであり、過去に芳村に信用できる人物として赤ん坊のエトを預けられていた。すなわち、彼女の育ての親に当たる。

『:re』では月山家殲滅戦から本格的に登場し、遭遇した伊東班、クインクス班と交戦。サイコの赫子やシラズのクインケ[ナッツクラッカー]などにより何度も身体を吹き飛ばされながらも再生し反撃、伊東班、クインクス班を壊滅状態に追いやる。唯一攻撃を回避したシラズによる羽赫の一斉射撃を喰らって致命傷を負い、反撃で彼に致命傷を負わせるも再生する前にウリエの赫子により身体を両断され駆逐され、死の間際にエトに対し「先に逝く」と告げ、死亡した。死後、彼のマスクが外れた際、そこから覗かせた顔は既に白骨化した状態であった。また、彼の赫包はウリエのクインケ[銀喰]として加工された。

タイトルとURLをコピーしました