【超重要】投資初心者始める前に知ってほしい5つのこと

投資

今回は投資初心者がすべき5つのことについてお話します。まずこの記事を見ている方は投資を始めたいけど何をしたらいいのかわからない。少しだけ投資をしているという方が多いと思います。本当に必要な投資基礎についてお話をしていくので、しっかり身につけましょう。

 

お金を働かせることがとても重要になります。しかし、資産を動かすためにはお金が必要で最初のお金を稼ぐためには自分の労働力しか稼ぐことができません。まずはやるべきことをしましょう。ということでさっそくみていきましょう。

投資初心者がすべき5つのこと

①貯金をすることを優先しよう

②伝統的資産から買い始めること

③少額から始めること

④手数料でできる限り払わないこと

⑤税金をできる限り払わないこと

 

上記が投資初心者がすべきことです。

1つずつ見ていきましょう。

貯金をすることを優先しよう

資産を増やす前に必要なものはお金です。しかし、最初のお金は私たちの労働から得られた所得でしか稼ぐことができません。なのでまずすることは貯蓄すること。貯蓄するために必要なことは、収入を増やし支出を適切に管理することです。貯める・稼ぐ・増やす・守る・使うこれがお金の使用方法です。少額から始めるためにもまずはお金を貯めましょう。

伝統的資産から買い始めること

伝統的資産から買いはじめましょう。伝統的資産とは株や債券のことです。なぜならぼったくり商品が比較的に少ないからです。不動産・ソーシャルレンディング・ロボアドバイザー・FX・仮想通貨などはぼったくりの商品が多いです。中にはちゃんとしたものはありますが、ここでリスクを冒してもしょうがないので辞めておきましょう。派手な宣伝や目新しさ、ロマンを語っているものはやめておいたほうがいいです。

少額から始める

一か八かでやるのはリスクが高すぎます。中にはそれでお金持ちになる人はいますが、大多数はそうではありません。そんな博打を打つのはやめましょう。まずは少額から始めることが大切です。

手数料をできる限り払わない

販売手数料・運用手数料・取引手数料・為替手数料・口座手数料など投資をするともろもろ手数料がかかります。この手数料ができるかぎりかからないようにしましょう。投資でたくさん稼ぐことも大切だと思いますが、根本である支出を減らすことも大切です。

税金をできる限り払わない

税金もできる限り払わないようにしましょう。脱税をしようと言っているわけではありません。投資をする中で優遇税制というものがあります。優遇制度は大きく分けて2つあり、NISA(少額投資非課税制度)と個人型DC(確定拠出年金)があります。優遇制度がなければ税金20%のものも中にはあります。そういった税金を取られないためにも対策をしましょう。

おすすめ投資の勉強法

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社

ファイナンシャルアカデミーとは投資信託の仕組みを正しく理解し、本当に有望な商品を的確に選ぶために必要な知識とノウハウのすべてを初歩から体系的に学びます。

▼こんな人におすすめ
・投資信託で2,000万円以上貯めたい人
・NISAやiDeCoを活用して効率的に資産を作りたい人
・数ある投資信託から優れた数本を選ぶコツを知りたい人
・自分に合った最適なポートフォリオを作りたい人
・ETEやREITなどを上手く活用したい人
・少額の積立で大きく資産を築きたい人

ファイナンシャルアカデミー

まとめ

ということで今回は投資初心者がすべき5つのことについてまとめました。お金を使い方はたったの5つしかありません。しかし、この5つをうまいように扱わないとお金は増えませんし、逆に減る可能性もあります。なので、お金を増やすためにちゃんと勉強をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました