今回は中卒の人に資格を取得することをおすすめすることを解説していきます。中卒だとまだまだやはり世間的に見て、世渡りが厳しいという状況です。なので、まずは資格を取ることをおすすめします。資格を取ることによりあなたの価値は高まり、必要とされる人間になるからです。

別に資格を取らなくてもお金を稼げている人は大丈夫でしょう。しかし、中卒だと給料が大卒や高卒の人に比べて少ないのも事実です。しっかりと勉強するためにも時間を確保することをお勧めします。ということでさっそくみていきましょう。

そもそも資格とは?

資格ってそもそも何なのでしょうか。

資格は、その人にある分野におけるある程度の知識・スキルがあることを証明するものです。資格は、何かをするための要件や条件を満たすことになります。

覚えておきたいのは、資格には「国家資格」「民間資格」「公的資格」があるということです。

国家資格

国家資格とは、国の法律によって規定されている資格のこと。知識や技術が一定の水準以上であることを国(または国から委託を受けた機関)が認定しています。

たとえば、医師や建築士、弁護士、教員、美容師などは国家資格が必要で、国が設けた水準を満たさなければこの職業としては働けません。

民間資格

民間資格とは、その名のとおり、国ではなく民間(企業など)が主体となって認定している資格のこと。それぞれが独自の基準を設けて認定を出しています。インテリアコーディネーター、ネイリストなどなどは民間資格です。

公的資格

公的資格とは、国家資格と民間資格の間に位置付けられているもの。国家資格のような法律で規制されたものではないですが、所轄省庁、大臣が認定した審査基準にもどづき、公益法人や地方自治体などが試験を行うものです。日本漢字能力検定や秘書検定など、よく知られている資格が多いです。

中卒におすすめな資格│宅建

宅建がおすすめの理由


「宅建」とは、「宅地建物取引士・宅建士」の略称で、資格試験の名称でもあります。宅建は、各通信講座の人気ランキングで常に上位に入る人気資格で、日本の企業が「取得を推奨している国家資格ランキング」でもNo1を誇っています。毎年、20万人近い、はば広い年齢層や職業の人たちが受験をしているメジャーな国家資格でもあるのです。

宅建士は、主に不動産会社などに勤務し、不動産の売買・交換、賃貸などの取引にあたり、お客さまに重要事項を説明したり契約締結後に交付する書類に署名・押印をしたりする業務を行います。

この仕事は宅建士の資格を持っている人しかできません。不動産業界のみならず、建設・金融・保険などの業界でも、宅建の知識と資格を持つ人材は歓迎されます。

宅建資格は、年齢・学歴などの受験資格はないので誰でも受験できるのが魅力です。また、宅建試験の勉強で得た知識は、自分が不動産物件を借りたり買ったりするときにも役立ちます。

宅建が中卒におすすめの理由

宅建は、国家資格の中でも比較的合格しやすく、企業でも人気が高いために毎年多くの人が受験しています。受験するにあたっては、学歴は関係ないため、取得しておいたほうが得です。

宅建資格がいかせるのは、主に不動産業界・建設業界・金融業界などですが、中卒で社員として採用されることは難しいでしょう。

個人経営の不動産屋などでは学歴不問の求人などもあるので、中卒の方であっても宅建資格を以ていれば採用してくれる可能性もあります。また、不動産関係の会社で、学歴不問の事務職パートやアルバイトなどでも、宅建資格を取得していれば有利になるでしょう。

中卒の場合は、資格を取得さえすれば「即戦力として採用される」というわけではありませんが、資格を取得していると就職の際に一目置いてもらえます。

不動産業界とは関係ない職業につくにしても、履歴書の資格欄に書くことで「資格を取得している=努力ができる前向きな人間」だとアピールすることができます。

資格を取るメリット

客観的に自分の能力を伝えるには、最善の方法と言えるでしょう。履歴書などの資格欄に記入することで、採用担当者の目に留まりやすくなることは間違いありません。

未経験の職種へ転職したい場合も、資格を持っていることで「本当にその仕事がしたいという熱意」が伝わります。何も持っていない未経験者と比べた際に、どちらが優勢かは明らかですよね。未経験者に限らず、転職・就職において有利に運べるという点は、資格を取る大きなメリットとなるでしょう。

勉強することそのもののメリットとしては、勉強することが習慣になることで、今後の自分の成長につながるという面があります。専門知識をもっと深めたいと感じた時に勉強方法が身についていれば、資格取得を頑張った過去の自分に感謝したくなるはずです。

中卒がやるべき資格以外の2つのこと

読書をすること

読書をしましょう。読書をすることによって視野が広がることができます。

読書とは「著者との対話」にほかなりません。著者がどう考えているのか、どう感じたのか――著者の思考の過程をたどることで、自分以外の視点でものを考えることができるようになります。本を多く読んだ人は、多くの視点を持っているのです。

視野が広い人間になるには、とにかく学びのアンテナを広げることが大切です。身の周りのあらゆることに関心を持ち、ジャンルを偏らせることなくさまざまな種類の本を手に取ってみましょう。

ビジネス書しか読まない人は、小説や理系の本なども読んでみましょう。ベストセラー本や人気の本しか読まない人は、本屋で目についた本を「ジャケット買い」してみてください。広く食指を伸ばすよう心がければ、あなたの視野は驚くほど広がるはずです。

おすすめの本↓

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

お金の勉強をすること

最後にお金の勉強をしましょう。お金の勉強は中卒だとしても高卒や大卒の人も学ぶことが少ない勉強です。特にお金の役割について知っておくといいでしょう。また、お金を増やすためにもお金をどう運用したらいいのかなどをしっかりと学ぶことが必要です。

お金は1番大事なものではありませんがトップ10には必ずお金というワードが入ってくる人が大多数だと思います。なので、お金のゆとりは精神のゆとりでもあるのでまずはお金の根本を理解していきましょう。

おすすめのセミナーがありますのでお金について学びたい人はこちら

ファイナンシャルアカデミー

おすすめ!仕事探しならこれ!

食費/交通費/住居を提供

東京での環境を用意されます。
住居や食費など東京での生活や学習に必要なものを無償で提供。
様々な理由で東京への進出を諦めていた方、実現できます。

充実のカリキュラムで

自分の強みを力に実践的な、営業・人間力・マネジメント・マーケティング研修であなたの強みを能力へしよう。e-Learningなども、すべて無料で受講可能です。著名人・外部企業の講習、海外研修といった地元ではなかなか味わえない体験も!

同じ仲間との出会い

メンタル面もサポートが充実しています。「人生を選択する」ことを決心し集まった仲間との出会いはあなたの一生の財産に。そして、あなたが大卒者に負けない選択のための就活サポートも行っています。悩みや不安があっても、同世代のメンターが全力で共に向き合います。
サイトはこちら↓

【職/食/住】無償提供のヤンキーインターン

まとめ

ということで今回は中卒向けにすべきことを3つ紹介しました。中卒だとまだまだ世の中的には厳しい目で見られる可能性が高いです。なので自分で能動的に勉強をすることをおすすめします。勉強ほど楽しいものはありませんし、ありがたいものです。しっかりと身に着けましょう。