【どん底】中卒ニートでも就職は可能?おすすめのキャリア支援サービスも紹介!

就職・転職のあれこれ

今回は中卒ニートがすべき人生を変えるためにすべき1つのことについて話していきます。

結論からいうと【ヤンキーインターン】に参加することです。ヤンキーインターンとは半年間という長期のキャリア支援サービスです。

多くの中卒・高卒の方が通っているおすすめのキャリア支援サービスでもあります。

サイトはこちら
 【職/食/住】無償提供のヤンキーインターン

W君
W君

詳しいことをさっそく見ていこう

中卒ニートの現実はどう?リアルはやっぱり。。。

ニート生活を送っている人の中には、最終学歴が中学で「中卒ニート」の人もいると思います。当然いつまでもニートとして生活していくわけにはいかないため、就活をしていく必要があります。

中卒ニートが就職を始める際に、「最終学歴が中学の人は就職できるのか」「就職経験がないニートに仕事はあるのか」などと様々な不安や疑問を抱える事でしょう。世間的にいえば、中卒ニートの就職はかなり難易度が高いのが事実。

いざ就活を始めても、思い通りに行かないことの方が多いかもしれません。

しかし、今回の記事を見て行動してもらえると幸いです。

中卒ニートの就活が難しい理由


冒頭で説明したように、中卒ニートとして就活を始めると中々思い通りに行かないケースがほとんど。やみくもに就活を進めても内定を貰える可能性はかなり低いでしょう。

中卒ニートの就活が難しいと言われている理由は下記の理由があるためです。

  • 中卒という学歴の低さに不信感を抱えている
  • 働く意欲が低いと思われている
  • 職歴が無く仕事のスキルが身に付いていない

それぞれの特徴を理解して、しっかりとした対策が取れる様にしましょう。企業が中卒という学歴の低さに不信感を抱えている現代では、最終学歴が高卒以上の人がほとんどになっており、最終学歴が中卒の人はわずか数%です。

そのため、企業側からすれば中卒に対して、様々な不信感を抱えている場合がほとんど。「学習意欲が極めて低いのでは?」「人間性に何か問題があるのでは?」などのような、ネガティブなイメージを持っています。

企業が抱えている不信感は、簡単に払拭できるものではないので、中卒としての就活は何に度が高くなっています。

中卒は働く意欲が低いと思われている


中学卒業後、進学も就職もせずにニートになってしまった人は、就業意欲が低いと思われています。世間的に見て、ニートは決して良いイメージの良い存在ではなく、企業から見ても同じように思われています。そのため、ニートに対して「成長する見込みがない」「仕事を精一杯こなしてくれない」などの先入観を持っています。

ニートをしていた期間は変えられない経歴なので、これまでを反省するのではなく、将来に対してのポジティブな姿勢をアピールしましょう。

ヤンキーインターンの3つの特徴

食費/交通費/住居を提供

東京での環境を用意されます。住居や食費など東京での生活や学習に必要なものを無償で提供。
様々な理由で東京への進出を諦めていた方でも実現できます。やはり人が多いところの方が就職はしやすいです。需要と供給の関係ですよね。

充実のカリキュラム

自分の強みを力に、実践的な、営業・人間力・マネジメント・マーケティング研修であなたの強みを能力にします。e-Learningなども、すべて無料で受講可能です。著名人・外部企業の講習、海外研修といった地元ではなかなか味わえない体験もできるものです!

同じ仲間との出会い

メンタル面もサポートしてくれます。「人生を選択する」ことを決心し集まった仲間との出会いはあなたの一生の財産に。そして、あなたが大卒者に負けない選択のための就活サポートも行っています。悩みや不安があっても、同世代のメンターが全力で共に向き合います。

【職/食/住】無償提供のヤンキーインターン

ヤンキーインターンに行く前にすべき3つのこと

公式HPに目を通しておくこと

企業研究の大切さについては理解できたと思われますが、どのように企業研究をおこなえばいいのか悩むか人も多いと思われます。インターン参加に向けた企業研究では、公式HPやニュースに目を通しておきましょう。

例えば、インターンのグループディスカッションでは企業の特徴や時事問題など基礎知識が問われることが多いです。こうした企業の特徴や時事問題は、企業のHPや日経新聞に目を通しておけば対応できます。逆に言えば、全くニュースや新聞から情報を仕入れていないと、問題外になってしまいます。インターンの貴重な時間を有効活用するためにも、事前準備として公式HPやニュース、新聞に目を通しておきましょう。

インターンのプログラム内容を確認する

インターンの準備としては、当日におこなわれるプログラムの内容についても確認しておくことも大切です。インターンのプログラムは企業の事業内容に基づいたものであり、きちんと理解できているかどうかで、志望度の高さが見られている場合もあります。

インターンに参加し、企業を知ることで事業内容への理解も深めることはできますが、あらかじめある程度は理解していることが大切です。

全く知らない状態では印象がよくありません。事業内容を理解した上でプログラムを再度確認しておきましょう。プログラムを確認しておくことで当日の動きもわかるので、スムーズに行動しやすいです。スムーズに行動できれば採用担当者の目に留まる場合もありますし、それが好印象に繋がる可能性もあります。

企業の場所と交通機関の確認

インターンのプログラムの確認とともに大切なのは、企業の場所と利用する交通機関を確認することです。インターン当日になって焦ることがないように、企業の場所や交通機関についても事前に下調べしておきましょう。当日遅刻しないために、利用する交通機関や最寄駅からの所要時間をチェックしておいてください。

なかでもよくある間違いは、インターンの会場を本店やインターン選考での面接会場と間違えてしまうパターンです。インターン会場は、学生が普段あまり行かない場所で行われることが多いです。こうした間違いは、前日に確認しておくだけで未然に防ぐことができます。必ず事前に確認するようにしましょう。

まとめ

ということで今回は中卒ニートがすべきことであるヤンキーインターンに行くことでした。まずは、詳細をネットでチェックしましょう。ネットにはいいことも書かれていますし悪いことも書かれています。なので、まずはメリットとデメリットを見て一度検討しましょう。

そのうえでヤンキーインターンに行くと決めた方はこちらのHPから申し込みましょう↓

【職/食/住】無償提供のヤンキーインターン

タイトルとURLをコピーしました