どうも、こんにちは、はじめまして

 

 

今回は給料前借りで入れる無料の大学を紹介したいと思います。

いやーーーすごいですね。海外の大学なのですがぜひとも、日本の大学にも取り入れてほしいです。

今の大学の概念をぶっ潰すものでもあるので、よっかたら読んでみてください。

 

それではいきましょう。

インカム・シェアリング・アグリーメント(ISA)

 

インカム・シェアリング・アグリーメントとは、ある一定の初任給の就職が決まったら、最初の2年間は月々の給料の17%を返すというような所得前借りの新しい契約モデルです。

 

これは、サンフランシスコにある「ラムダスクール」が開始した活動でもあります。

卒業生の83%が半年以内に新卒年収約760万円の仕事に就くという驚異的な就職率を達成し、大きな注目を浴びています。

ISAのメリット

 

現在お金を払えばぶっちゃけ大学にはいける世の中です。(学歴が下でもよければ)

そういう大学生は受動的な子も多く、あまり、就職に対してもあまり興味がないのが本音でしょう。

 

しかし、ISAを取り入れたラムダスクールは年収542万円以上の就職を決めた人を輩出しなければスクール側には1円もお金が入らないわけです。

 

また、返済に325万円が支払われれば、限度額をこえたということでそれ以上は払わなくてもよくなります。

 

以下の4つのメリットがあります。

✔中退しない目的意識が高い学生だけ合格する

✔仕事で使えることしか教えない

✔進路相談はすごい熱心

✔採用後もクビにならないようにアフターケアまですごい熱心

 

こんなスクールを待っていましたと思うかもしれません。

学長の考え

大学はどこも授業料は全額キャッシュ。しかも前払い。あとは野となれ山となれで、どこにでも通用する人材を育てないと食っていけないという危機感がない。痛み分けがないと、よい結果は出せないと思う。

との考えであります。

 

確かに、、、、、まっとうな考えですよね。

 

まとめ

 

ということで今回はインカム・シェリング・アグリーメントというシステムを導入しているラムダスクールを紹介しました。日本の教育システムがどんどん遅れているのが目に見えていますね。自分で知っていくことが大切ですので情報収集していきましょう。