WordPress導入後、絶対に入れるべき7つのプラグイン

Cocoon・Wordpress

コメントスパム対策:Akismet

Akismet(アキスメット)とは、WordPressで記事にコメントを投稿できる設定にしていた場合に、迷惑なスパムコメントを自動的に専用のスパムフォルダへ振り分けてくれるプラグインです。

WordPress2.0以降では、標準でインストールされています。

WordPressを運用していると、たくさんのスパムコメントが投稿されることがあります。通常、管理者はコメントを1つずつチェックして承認(公開)するか否かをえらぶことが可能です。

しかし頻繁にスパムコメントが届くと、その作業に時間がかかってしまいます。そんなときにAkismetを事前にインストールしておけば、たいていのスパムコメントは自動的にスパムフォルダへ振り分けられます。

XMLサイトマップの自動更新:Google XML Sitemaps

サイトマップといって、自分が書いた記事を自動でリンク上のテキストにしてまとめてくれるプラグインです。他にもGoogleの検索エンジンに自動で通知をしてくれたりしてくれます。

初心者向けのテキスト編集:Classic Editor

ブロックエディターとクラシックエディターでテキストの編集や画像の挿入をすること方法を選べます。個人的にですが、ブロックエディターは使いにくいので、クラシックエディターのプラグインを入れることをおすすめします。しかし、人によってはブロックエディターの方が使いやすい人もいるのでまずはブロックエディターで記事を書いてみてそれから選びましょう。

SEO関連の各種設定:All in One SEO Pack

SEOとは、検索エンジンで何か調べたときに記事が上から表示されますよね?

その上位に自分の記事を表示させるためにすべき設定を簡単にしてくれるものになります。

SEO対策は絶対にすべきなのでAll in One SEO Packは入れてください。

問い合わせメールフォームを作成:Contact Form 7

お問い合わせフォームはクリック報酬型のGoogle Adsenseやアフィリエイトをするときに必要になります。お問い合わせフォームがないと認証されないので、入れてください。ショートコードをコピペして張るだけで、お問い合わせフォーム欄はできます。

ページを早くインデックスしてくれる:WebSub/PubSubHubbub

サイト・ページのURLを検索エンジンに素早く認識させ、インデックスしてもらう仕組みを簡単に利用できるようにするプラグインです。

画像圧縮をして読みこみを早くする:EWWW Image Optimizer

画像を表示するのに時間がかかる場合は、その画像が重い場合があります。そんなときに、このプラグインを使うことによって画像の読み込み速度を上げることができ、結果画像の表示がされやすくなります。

まとめ

今回は、Wordpress導入後の入れるべきプラグインを紹介しました。基本使わないプラグインは削除した方がいいでしょう。例えば、最初に入っている「Hello Dolly」は削除しても大丈夫です。

ブログで月5000円稼ぐの記事をすべて見たい方はカメさんクラス(無料)にご登録ください。

タイトルとURLをコピーしました