Amazon"呪術廻戦16巻"予約購入はこちら

【呪術廻戦】吉野 順平の術式のクラゲの式神「澱月(おりづき)」とは?プロフィールまとめ

呪術廻戦

【呪術廻戦】吉野 順平(よしの じゅんぺい)

里桜高校2年生で、呪いを見ることができる。
映画が好きで、マイナーなB級映画や古い作品のリメイクものまで幅広く鑑賞している。自宅鑑賞よりも映画館で観ることを好み、学校をサボった際には1人で映画館に足を運んだ。また、高校1年生の時は友人2人と映画研究会を発足するが、伊藤ら不良生徒に部室を占拠されてしまい、反抗したことからいじめられ、不登校になった。

そのため、「無関心こそ人間がいきつくべき美徳」と考え、真人に造り替えられ異形と化した人間を見ても顔色をほとんど変えなかったが、内心ではイジめた人間への復讐を望んでいる。一方で、母である凪への愛は非常に深い。頭はそれなりに良いが、視野が狭く、真人に殺される直前まで彼の危険性を見抜くことができなかった。

映画館で出会った真人の手ほどきで、自身の呪力から毒を精製する術式を覚え、さらにその毒を分泌する大型のクラゲの式神「澱月(おりづき)」を使役できるようになった。その後、虎杖との出会いを辻て出逢ってからは母のことを考え、一度は復讐を諦めようとも考えていた。

だがその後、偽夏油達の策略で母が殺され、真人にそそのかされる形で伊藤に復讐すべく高校を襲撃する。自身の術式の毒と暴力で伊藤を死亡寸前に追い込むが、止めに入った虎杖と戦うこととなる。彼の必死の説得の末に改心し、虎杖に呪術高専の編入を勧められる。そこに現れた真人により「無為転変」で異形の姿に変えられ、虎杖を追い詰めるための駒として利用された挙句無理な改造が祟り死亡した。なお、事件後の里桜高校では退学扱いとなった。

タイトルとURLをコピーしました